ニコチンリキッドはどこで手に入る?

日本国内では正規ルートで販売していない

電子タバコに用いるニコチンリキッドは日本国内で販売していません。これはニコチンが劇薬指定されているためです。タバコそのものは誰でも扱うことができますが、含有成分であるニコチンを抽出した物は非常に危険であり、個人での所持や販売は厳しく制限されています。ニコチンリキッドは法律で定められた劇薬に含まれるため、日本では正規ルートでの販売が行われていないのです。電子タバコを作っている国内メーカーもニコチンリキッドは製造していないので、日本国内でニコチンリキッドの風味を楽しむには外国メーカーの製品を使う必要があります。しかし、輸入会社が商業目的でニコチンリキッドを扱うこともできないので、個人輸入という形で購入しなければいけません。

個人輸入のメリットとデメリット

個人輸入はその名称の通り、個人で輸入取引を行うことを意味します。少量の扱いに留まるので、輸出入に関する法律上の規制が少ないのが利点です。ニコチンリキッドについても同様であり、会社組織による大量の輸入販売には厳しい制約が課せられますが、個人輸入は数が少ないので規制の対象外なのです。その一方で個人輸入は業者探しから製品の選択まですべての責任を自分で負う必要があります。ニコチンリキッドは有害成分であるニコチンを含んでいるので安全性の確認は特に注意しなければいけません。万が一、健康被害などのトラブルに見舞われても自分で何とかしなければいけないので、個人輸入の知識に乏しい人がニコチンリキッドを購入するのは避けるのが無難です。お金を払って代行業者にお願いするのが賢明な判断と言えます。

ニコリキとは、電子タバコ用のニコチン入りリキッドのことです。ニコチンの他、グリセリンやプロピレングリコールが使われています。

© Copyright Liquid Of Electronic Cigarettes. All Rights Reserved.