ニコチンリキッドのデメリット

日本国内での入手が難しい

ニコチンリキッドのデメリットは様々ですが、中でも入手が非常に困難な事実は知っておく必要があります。ニコチンリキッドは名前の通り、ニコチンが含まれている添加剤です。電子タバコに紙巻きタバコのような風味をもたらす効果がありますが、日本ではニコチンは劇薬として扱われています。法律で厳しく制限されているため、国内メーカーはニコチンリキッドを作っていないのです。日本でニコチンリキッドを購入するには個人輸入の形で外国の販売店から購入しなければいけません。個人輸入の知識が乏しい人には難しい行為なので、代行業者に依頼することになります。代行の依頼料を支払う必要があるので、金銭面の負担が非常に大きくなってしまうのです。

ニコチンを含んでいるので病気になるリスクが増える

ニコチンリキッドは紙巻きタバコと同様にニコチンが含まれているので、長く吸い続けるとそれだけ健康被害に見舞われるリスクが増大します。ニコチンリキッドは抽出されたニコチンを材料にした、電子タバコ用の添加材です。ニコチンの純度は紙巻きタバコよりも高いので、がんの発症など体への悪影響は大きいとされています。ニコチンには強い依存性があるので、紙巻きタバコと同じかそれ以上にニコチンリキッドが手放せない状態に陥ってしまう可能性は否定できません。また、ニコチンリキッドを使うと蒸気と一緒にニコチンを放出する形になるので、周囲の人にも健康被害を及ぼす可能性があることを無視してはいけません。紙巻きタバコの副流煙と同様のトラブルを引き起こす可能性があるのです。

自分好みの独自の配合で楽しみたいという上級者におすすめなのが、ネットでも入手できるニコチン入りリキッドです

© Copyright Liquid Of Electronic Cigarettes. All Rights Reserved.